桐箱風紙箱のこだわり

紙箱とは思えない本物の桐箱そっくりな見た目・手触り・シャープな作りです。

桐箱風紙箱比べて
重厚感
安全性
リサイクル性
印刷加工
多様な形状

フルオーダーセミオーダーの違い

オーダーメイド

フルオーダーメイド

パッケージングするものに合わせて、用途・形状・色・デザインなどすべてをこだわりぴったりとハマる箱を一から作成します。

フルオーダーメイド

セミオーダーメイド

セミオーダーメイド

桐箱風紙箱のみで受注生産販売になります。
高さは、25・30・35・60・80㎜(外寸)の中から選んでいただき、横・縦はお好きな大きさで発注頂ける商品となります。
インロー式(身ヤロ―・蓋ヤロー)ですと高さ最大112㎜の箱が製作可能です。

オーダーメイドより低価格で納期の短縮が可能です。

セミオーダーメイド

リサイクルマーク・エコマークをつけることができ、地球にやさしい箱です。

リサイクルマーク・エコマーク

エコマークには商品の種類ごとに、きびしい基準(守るべき決まり)があります。
審査に合格した商品だけが、エコマークをつけることができます。
いろいろな環境の問題を、リサイクルだけでなく、材料を選ぶとき、ものを作るとき、運ぶとき、使った後のこと、つまり商品の一生を考えて基準を作っています。

エコマークを使用するには、認定審査料や使用料が別途必要になります。
詳しくはエコマーク事務局のホームページをご覧ください。

Vカットボックスとは

Vカットボックスとは、加工の際にV字型の切り込みを入れて作成します。
開閉時に感じる独特の感触がVカットボックスの趣きといえます。

Vカットボックス
Vカットボックス

桐箱

桐箱
フルオーダーメイド

自社専用工場にて、高品質な桐箱を製造しています。
お客様のご要望に合わせたサイズ・デザインをご提案できます。